日本競馬と海外競馬の違いは意外に知られていない。

豆知識!日本競馬と海外競馬との違い

日本の競馬と海外の競馬の違い

日本の競馬というとおじさんたちが朝早くから出掛けて行き、競馬場に着いたら馬を見ながらここぞとばかりに声を上げるという風景を思い浮かべるのではないでしょうか。

最近は女性客も多くなっているようですが、基本的にはおじさんたちの賭け事という見方が一般的です。あまり競馬場に行って娯楽をするという印象は薄いかもしれません。

それに対して、海外の競馬場に行くと競馬をする人だけでなく、休みの日に競馬場にピクニックをしながら馬を見たり、芝生の上で遊びまわったりするというのが一般的です。

賭け事をしている人も当然ながらいますが、それよりも遊びに行くという感覚がふさわしいのではないでしょうか。それに馬と来場客との間にそれほど壁が無いので、気軽に馬とふれあうことができるというのが大きいのかもしれません。

子供の頃から競馬と慣れ親しむことが出来る環境が、日本とはまったく違います。馬と人とが生活で密着していると言ってもいいでしょう。日本の競馬で誇れるものの一つとして1レースの売り上げの良さがあり、これは欧米諸国に比べても全然負けていません。

日本の競馬産業は全体の年間売り上げが、3兆円弱を誇るというのは世界最大規模の売り上げになります。レース賞金の平均額にしても、他国を上回っているのです。金額ベースで見てみるときちんと、ビジネスとして成り立っているということが言えます。またインターネットでもそうした競馬情報ビジネスが盛んで、競馬情報ランキングが日本では定着しています。

競馬場の入場券というのは、日本では数百円ほどで入れますが、欧米諸国はその何倍もします。日本の競馬と欧米の競馬では、気候面が異なります。日本は基本的に年中レースを行うことが出来るほど、シーズンオフと呼ばれる時期がすごく短いです。そのため、目玉となるG1レースを一日に複数開催する必要が無いと言えます。

それに対して、欧米では気候の関係からどうしてもシーズンオフの時期が増えてしまいます。日本人から見て海外の競馬で何といっても有名な国と言えばイギリスとフランス、アメリカ合衆国ではないでしょうか。

イギリスというのは競馬の発祥国でありますし、フランスというのは凱旋門賞という有名なレースが開催されますし、アメリカは競走馬であるサラブレッドの主要な生産地となっています。それぞれの国で日本とは違った形で発展を遂げています。この3国以外に注目したい国には、香港や韓国、UAEなどのアジア諸国です。

アジア諸国はまだ伝統と言えるものはないですが、近年レベルがどんどん上がってきているという意味で注目を浴びています。